さて、ギャンブル歴を含めた簡単な自己紹介を。
もちろん、アノニマスで・・・。


tomo 35歳 独身。
18歳の大学時代より、パチンコ、スロットをやり出す、当時は、キンパルとかクランキーとか源さんとかでした。麻雀は知りませんでした。


両親は幼い頃に亡くなる。親代りに母方の祖父母に育てられる。ほぼ一人っ子。18で家を出るが、一人暮らしに慣れず、不安神経症を発症。入院。以後現在にいたるまで、通院、薬を服用する。


それとはまったく関係なくもないけど、何不自由のない仕送りをパチンコ、スロットにつぎ込む。家を出るとき、祖父の伝言は「ギャンブルはするな。借金はするな」だったが、まったく守らず、なんとか卒業するものの、社会にでるのが怖く、就職活動せず、バイト、ギャンブル生活。


その後、実家に戻るも。バイト生活、夜しか働かなかった(塾講師とかが主だった)。足りない分は祖母に借りたりしていた、さらに自分で塾を開くといい、祖父に300万ほど借りる。半分はあっと言う間にパチンコや風俗、その頃覚えた麻雀でカモにされ消えていった。


そんなんで塾はうまくいくはずもなく、5ヶ月で閉鎖、その時に借金をし、数社のサラ金から150万ほど借りていた。結局、祖父が尻拭いをしてくれた。その後、就職活動するが、うまくいくはずもなく、再び借金、今度は70歳の祖母がサラ金についてきてくれて50万返した。もう借金はくせになっていた。


親類に貸し金協会に借金できないように申請され、晴れてどんなクレジットも審査が通らなくなる。祖父がなくなり、150万ほどの遺産分配があったが、使わないように叔父が通帳を管理していたものを盗んで、イタリアに旅行、専門学校に行く。


叔父の癌が発覚、家にいることがいたたまれなくなり、派遣として働きに出るが当然ギャンブル。給料なんてあっと言う間になくなる7日で使い込み、残りの20日くらいを米と野菜で暮らす。どうしようもなくて教会の牧師にお米とかもらっていた。病気だとだんだん気づきはじめる。借金はできなかったから良かったと思う。


再び実家に戻るが、仕事ないし、再び派遣に出る。派遣切りに会うが旅打ちしながら、ギリギリ車で宮崎から青森まで2000km帰る。最後の給料まで20日を3000円くらいで暮らす。2008年12月26日、花の慶次で100回転当たりで32連したのを最後に辞める。AAに繋がりながらなんとか29日目。


我ながらひどい経歴だな。HNでなければ話せないだろうな。すべて真実。