別に祝うことでもないけれど
禁ギャンブル30日を無事向かえました。(*゚∀゚)っ
実は昨日、今日と県外に用事があり、スリップするならここかなあ 危険だなあと思っていました。が無事パチ屋に入ることもなくよいお食事をして無事帰りました。


だいぶギャンブルのない生活に慣れてきたのだと思います。30日というのは今まで1回しかありません。ここからは未知の領域ですが、いけそうな気がします。今の支えは3つくらいあります。1つはYAHOO-掲示板パチスロースロット辞めたいです。掲示板のいいところは毎日でも書き込めるし、ダイレクトで返してくれる人もいます。トピの常連もいますし、お世話になっています。デメリットはスリップしたときに消えたくなるです。上手に使ってみてください。IDはあえて言いませんが・・・笑。


2つ目はAAの存在です。何も言われないし、そして聞いてくれる。何を言っても非難されない、そんな場所は僕にとって救いです。それは別に人によっては、カウンセラーだろうが、病院だろうが何でもいいと思います。第3者が必要なときがあります。


3つ目は、大切な人がいるということです。家族であったり、恋人であったり、この部分はデリケートで難しいですが、依存症であることを告白できて、なおかつ見捨てないでいてくれる存在ということでしょうか、あとは1人で生きなければならないという思いです。


これらのことはあくまで僕の場合です。僕の場合は人と繋がり出したから、止めている部分が大きいと思います。人を思うことで自分を大切にするという感じでしょうか。


もちろん、自分の意識の部分は大きいです。1000円は高いと思えたこと。もう店に入らないと決めたこと。寂しくても、うまくいかなくても、ギャンブルはしないと決めたことが大事だと思います。