ギャンブルは麻薬です。
もう一度いいます。
ギャンブルは麻薬です


科学的にもいって、パチンコ店に入ると勝ったときの興奮がよみがえり、脳内麻薬が出ているそうです。まあこんなことはどこでもいっているし、本当はバカらしいのをみんな知っています。僕もじゅうじゅう知っていました。


お金をどんなに使っても、出るまで止めれない。
9000円だけと思っても、なくなったらATMに走る
2回も、3回も走る。結局5万くらいは使う。んで出るのは1万くらい。


最後の方は収支なんてどうでもよくなっている。
そうじゃないですか?


もし、「常に勝っているし、限度を決めてやっている」という人。
もしくは、「別にやめなくてもいいじゃん。遊びですればいいんだから」という人。
そういう人がいたら、今すぐページを閉じてください
そういう人にはこのブログは関係ありませんし、決して止めれないです。
なぜなら、止めたいと思わなければ、決して止めれないからです。


一緒に考えてみませんか?そして、迷ったときにはこのブログを読み返して、行くのを止めるパワーのあるブログにしていきたいのです。大丈夫です。目的があるブログは続きます。そして、自分のためでもあるのですから。何より仲間のためですから。


話を戻します。ギャンブルは麻薬です。じゃあなぜやるんですか?もしその麻薬が覚せい剤だとしてもやるのですか?やらないでしょう。やる必要ありますか?決して大げさじゃないと思いますよ。一日に何万も使い、借金をし、嘘をつき、家族に迷惑をかけ、自殺を考える。麻薬より合法なのでたちが悪いですね。


ギャンブルは麻薬です。それでもやりますか?

もし今日行かなくても、何か困りますか?

今日一日行かないでみませんか?(その北斗でませんよ笑)