さて
少し、僕の禁ギャンブル歴を書いてみようと思います


実は禁ギャンブルを試みて
5年は経ちます


その間スリップばかりで
最高でも100日でしょうか?


それ以前はやめようと思っても
やめようとしていませんでした


5年前、僕は宇都宮にいました
当時はやりの派遣で手取りは15万くらいでしょうか?


吉宗が全盛の頃でしょうか?
天井まっしぐらまで突っ込むという自殺行為をしていました


パチ屋に行くときは3万以上は持ち
当然のごとく1週間と持ちません


昼飯にも困っていました
その頃には借金癖にあきれた身内から


借金できないようになっていたので
本当にご飯だけで暮らしたものです


それでも行く始末
「もう病気だな」何度も思いました


僕は近くの教会に駆け込みました
別に宗教心はありませんでしたが


心がすさんでしょうがなかったのです
たまに食べ物とかをわけてもらいながら


お世話になっていました
孤独で不安で見知らぬ土地で知った医者もいず


どうしようもなかったです
そうしているうちに祖母の様態が悪くなり


青森に一度帰ります
でも、少しもお金がなく、身内に借りて生活するありさま


再び、派遣で四日市にでます
過酷な労働、服薬しながら、社会につながろうとしつつ


ギャンブルをする日々、相変わらずでした
そんなとき、yahoo掲示板に出会いました


毎日すべてを書き込みました
少し、すっきりした思いがありました


毎日書き込むことで100日まで
やめることができました


でも、スリップしてから書き込めなくなり
再び、繰り返していました


何とかお金をかけなくてもいい趣味をと
昔やっていたビリヤードをはじめました


そんな折、宮崎に仕事で引き抜かれました
やる気のしない仕事、ギャンブルに走る同僚


理不尽な仕事に再びギャンブルに走ります
そして、不況による解雇


もうどうでもよかったです
行くとこもなかったです


実家には叔母の家族しかいなく
僕の居場所はありませんんでした


でも、帰るところはそこしかなかったのです
車で、1000キロ以上走って、途中パチしながら


ギリギリで帰りました
そこには大切な友達と家族だと思えなかった家族が待っていました


失業して、1ヶ月、実家の世話になるのも
心苦しく、冬で精神状態もあまりよくなく


この失業保険使ったら
もう、まともな生活はできないなと本気で思いました


そして、12月27日パチ屋にいって
簡単に連荘する慶次にくだらなくなって


やめる決意をしました
だって、そのお金を使ったら


まともに就職できず、また家族に迷惑がかかると思ったからです
それからは、あらゆることをし、スーツを買い


面接を繰り返し、相談し、掲示板に再び参加し
AAに参加し、やっと人並にくらしています


新しい土地にきて、新しい仕事、不安でした
スリップしないか、社会に適応できるか


まずは「店に入らないこと、掲示板に書き込むこと、
ブログは続けること」は守りました


そして、240日に至ります
何とか生活しています


決して楽ではありませんけど
それなりに暮らしています


不規則で、寝れなくて、
不安で、軽い薬も服用していますが


何とか社会に参加させていただいています
そんなレベルなんです


よく恋愛とかの話を同僚がしますが
僕にとってはまず、まともな社会生活を送ること


それが第一なので、恋愛という気にも
今はなれません


それに、すべてを話さなければいけませんから
ハードルは高いのです


まあ、長くなりましたが
これが禁ギャンブル歴です


それ以前はギャンブル真っ最中だったので
それはまた別の機会にでも


人間は未来に向けて生きています
振り向いても何もありません


前だけを向いて
歩いていこうと思っています


長々と読んでいただいて
ありがとうございます


応援クリックしていただけたら
本当に励みになります↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村