借金残額 859454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


秋風が吹くと思い出すことがある。自分が壊れた感覚を思い出す。今でもあの感覚は心もひだにこびりつき秋の風が吹く頃に疼きだす。


16歳の頃。僕は高校生でハンドボール部だった。
その年の秋。僕は練習場に何気なく座っていた。


ふいに秋風が吹いて、体の中抜けていった。突然僕はすべてがむなしくなって、悲しみに襲われた。訳がわからなかった。そのまま僕は部活を休んで家に帰り、部屋で震えていた。


次の日から僕は部活に出れなくなった。何もかもどうでもよくなっていた。ただただ虚無感に襲われ、その感情にもてあそばれていた。


僕は部活をやめ、学校が終わるとさっさと家に帰るつまらない高校生になった。次第に学校を休むようになっていった。


僕は僕がわからなくなっていた。
「僕は何?人生って何?」


青年期によくありがちな心理ではあるが、僕はその感情に次第に浸食されていき、自分のイメージを保てなくなっていった。


「僕は誰なんだろう?僕はどこへ行けばいいのだろう?」そんなカオスの中をさまよっていた。


アイデンティの欠如・・・。
言葉にすれば、簡単であるが、その訳のわからない魔物のような感情にその後20年は支配されていく。


始まりは終わり。
終わりは始まり。


秋は好きでもあり
嫌いでもある。


安定でもあり、不安定でもある。
少し疲れているみたいだ


昔の感情を思い出すのは、なかなか難しい。
今日は早く寝よう。


また、明日
明日は新しい人生


寝ることは死ぬこと
起きることは生き返ること


繰り返される生と死。
言葉と沈黙。


感情と論理。
理性と本能。


などなど


いつかに続く。


おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
tomoのツイッター


tomoのお仕事に関するブログはこちらです。
過去問で合格!介護福祉士試験



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


青森の頑張っている企業さんです。震災復興に頑張っています!
良かったら応援してくださいね。本当の海の味をご家庭にどうぞ!
>>詳しくはこちらへ<<


ありがとうございました!