禁ギャンブルセラピー

はじめまして、ギャンブル依存症のtomoです。ギャンブル依存症で悩んでいる方、一緒に回復の道を歩んでみませんか?あなたもわたしも仲間です。1歩1歩ゆっくり歩いていきましょう!このブログにはギャンブルをやめるヒントが詰まっています!よかったら参考にしてみてくださいね!そして一緒に頑張ってみませんか?よろしく御願いします!

自己紹介

僕の禁ギャンブル歴 

さて
少し、僕の禁ギャンブル歴を書いてみようと思います


実は禁ギャンブルを試みて
5年は経ちます


その間スリップばかりで
最高でも100日でしょうか?


それ以前はやめようと思っても
やめようとしていませんでした


5年前、僕は宇都宮にいました
当時はやりの派遣で手取りは15万くらいでしょうか?


吉宗が全盛の頃でしょうか?
天井まっしぐらまで突っ込むという自殺行為をしていました


パチ屋に行くときは3万以上は持ち
当然のごとく1週間と持ちません


昼飯にも困っていました
その頃には借金癖にあきれた身内から


借金できないようになっていたので
本当にご飯だけで暮らしたものです


それでも行く始末
「もう病気だな」何度も思いました


僕は近くの教会に駆け込みました
別に宗教心はありませんでしたが


心がすさんでしょうがなかったのです
たまに食べ物とかをわけてもらいながら


お世話になっていました
孤独で不安で見知らぬ土地で知った医者もいず


どうしようもなかったです
そうしているうちに祖母の様態が悪くなり


青森に一度帰ります
でも、少しもお金がなく、身内に借りて生活するありさま


再び、派遣で四日市にでます
過酷な労働、服薬しながら、社会につながろうとしつつ


ギャンブルをする日々、相変わらずでした
そんなとき、yahoo掲示板に出会いました


毎日すべてを書き込みました
少し、すっきりした思いがありました


毎日書き込むことで100日まで
やめることができました


でも、スリップしてから書き込めなくなり
再び、繰り返していました


何とかお金をかけなくてもいい趣味をと
昔やっていたビリヤードをはじめました


そんな折、宮崎に仕事で引き抜かれました
やる気のしない仕事、ギャンブルに走る同僚


理不尽な仕事に再びギャンブルに走ります
そして、不況による解雇


もうどうでもよかったです
行くとこもなかったです


実家には叔母の家族しかいなく
僕の居場所はありませんんでした


でも、帰るところはそこしかなかったのです
車で、1000キロ以上走って、途中パチしながら


ギリギリで帰りました
そこには大切な友達と家族だと思えなかった家族が待っていました


失業して、1ヶ月、実家の世話になるのも
心苦しく、冬で精神状態もあまりよくなく


この失業保険使ったら
もう、まともな生活はできないなと本気で思いました


そして、12月27日パチ屋にいって
簡単に連荘する慶次にくだらなくなって


やめる決意をしました
だって、そのお金を使ったら


まともに就職できず、また家族に迷惑がかかると思ったからです
それからは、あらゆることをし、スーツを買い


面接を繰り返し、相談し、掲示板に再び参加し
AAに参加し、やっと人並にくらしています


新しい土地にきて、新しい仕事、不安でした
スリップしないか、社会に適応できるか


まずは「店に入らないこと、掲示板に書き込むこと、
ブログは続けること」は守りました


そして、240日に至ります
何とか生活しています


決して楽ではありませんけど
それなりに暮らしています


不規則で、寝れなくて、
不安で、軽い薬も服用していますが


何とか社会に参加させていただいています
そんなレベルなんです


よく恋愛とかの話を同僚がしますが
僕にとってはまず、まともな社会生活を送ること


それが第一なので、恋愛という気にも
今はなれません


それに、すべてを話さなければいけませんから
ハードルは高いのです


まあ、長くなりましたが
これが禁ギャンブル歴です


それ以前はギャンブル真っ最中だったので
それはまた別の機会にでも


人間は未来に向けて生きています
振り向いても何もありません


前だけを向いて
歩いていこうと思っています


長々と読んでいただいて
ありがとうございます


応援クリックしていただけたら
本当に励みになります↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村

ギャンブル歴

さて、ギャンブル歴を含めた簡単な自己紹介を。
もちろん、アノニマスで・・・。


tomo 35歳 独身。
18歳の大学時代より、パチンコ、スロットをやり出す、当時は、キンパルとかクランキーとか源さんとかでした。麻雀は知りませんでした。


両親は幼い頃に亡くなる。親代りに母方の祖父母に育てられる。ほぼ一人っ子。18で家を出るが、一人暮らしに慣れず、不安神経症を発症。入院。以後現在にいたるまで、通院、薬を服用する。


それとはまったく関係なくもないけど、何不自由のない仕送りをパチンコ、スロットにつぎ込む。家を出るとき、祖父の伝言は「ギャンブルはするな。借金はするな」だったが、まったく守らず、なんとか卒業するものの、社会にでるのが怖く、就職活動せず、バイト、ギャンブル生活。


その後、実家に戻るも。バイト生活、夜しか働かなかった(塾講師とかが主だった)。足りない分は祖母に借りたりしていた、さらに自分で塾を開くといい、祖父に300万ほど借りる。半分はあっと言う間にパチンコや風俗、その頃覚えた麻雀でカモにされ消えていった。


そんなんで塾はうまくいくはずもなく、5ヶ月で閉鎖、その時に借金をし、数社のサラ金から150万ほど借りていた。結局、祖父が尻拭いをしてくれた。その後、就職活動するが、うまくいくはずもなく、再び借金、今度は70歳の祖母がサラ金についてきてくれて50万返した。もう借金はくせになっていた。


親類に貸し金協会に借金できないように申請され、晴れてどんなクレジットも審査が通らなくなる。祖父がなくなり、150万ほどの遺産分配があったが、使わないように叔父が通帳を管理していたものを盗んで、イタリアに旅行、専門学校に行く。


叔父の癌が発覚、家にいることがいたたまれなくなり、派遣として働きに出るが当然ギャンブル。給料なんてあっと言う間になくなる7日で使い込み、残りの20日くらいを米と野菜で暮らす。どうしようもなくて教会の牧師にお米とかもらっていた。病気だとだんだん気づきはじめる。借金はできなかったから良かったと思う。


再び実家に戻るが、仕事ないし、再び派遣に出る。派遣切りに会うが旅打ちしながら、ギリギリ車で宮崎から青森まで2000km帰る。最後の給料まで20日を3000円くらいで暮らす。2008年12月26日、花の慶次で100回転当たりで32連したのを最後に辞める。AAに繋がりながらなんとか29日目。


我ながらひどい経歴だな。HNでなければ話せないだろうな。すべて真実。
ランキングに参加しています
クリックしていただけると
記事を書く励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓ ↓  
人気ブログランキングへ
コメントありがとう!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
絶対してください
56ddc410
livedoor プロフィール
カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード