禁ギャンブルセラピー

はじめまして、ギャンブル依存症のtomoです。ギャンブル依存症で悩んでいる方、一緒に回復の道を歩んでみませんか?あなたもわたしも仲間です。1歩1歩ゆっくり歩いていきましょう!このブログにはギャンブルをやめるヒントが詰まっています!よかったら参考にしてみてくださいね!そして一緒に頑張ってみませんか?よろしく御願いします!

お仕事の話

介護の問題とか。

借金残額 789454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


僕は介護の仕事をしています。その上でいろんなことをいろんな視点で書いてみたいと思います。まずはこちらの記事を読んでみてくださいね⇒高齢者虐待の記事


まあ、記事を読んだだけではよくわかりません。福祉って分野は本当にいろんな問題を含んでいてあらゆるところで問題がこれからも出てくるでしょうね。最終的には現場のモラルの問題になっていたりもしますから。ひどい施設もたくさんあります。もちろん頑張っている施設もたくさんあります。


実は誰もが手さぐりなのです。何せ超高齢化社会なんて初めてですから。2025年の人口予測などをニュースなどで目にする機会もあるかと思います。資料はこちら⇒人口推移


2030年頃、今の団塊の世代が後期高齢者になる頃がピークとなるとされています。僕には誰もが「大変なことになります。」と言いながら、いろんなことを先伸ばしにしているような気さえしています。たぶん、誰もイメージできていないと思います。


「自分はまだ若いから関係ないです。」そうかもしれません。でも、そうじゃないんですね。なぜなら若い世代の親世代が介護が必要になるからです。その時にどうするかではきっと遅いですね。もう社会で受け入れていくしかないんです。


でも、その頃は福祉という分野も崩壊していっている気もします。なぜならきっと想像よりももっと深刻なことだし、数字以上にいろんなところに影響を与えてしまいます。今からいろんなことを自分のこととして議論していかなければ、どこで死ぬことになるのか、どんな老後が待っているのか僕は恐ろしいです。


では、具体的に考えてみましょう。僕は今年満40歳になりました。介護保険を納め始める年ですね。そして、僕の両親は亡くなりましたが、生きていれば70歳前くらいでしょうか。きっと介護が必要な年齢ですね。


例えば、あなたの母道子さん(68歳)が脳梗塞で倒れました。病院に運ばれ、点滴で命は助かりましたが、右マヒが残りました。高齢なので、リハビリしてもそんなに運動機能が回復するわけではありません。そして、病院に入院できる期間は3か月です。


順調にリハビリをしていった頃、病院のケースワーカーに言われます。「お母様はそろそろ退院されてもいいとドクターは言っています。御自宅に戻られますか?施設などを検討なさいますか?」と。


仕事をしながら看病してきたあなたは急に選択を迫られます。自宅といっても車椅子は入れないし、仕事はやめれないし、施設といってもわからないし、はて、どうしよう。


老後の問題は関係ないと思っていた方でも、自分の親の介護をする年代になると関係ないと言ってられません。家族に介護する法的根拠はないとしても、社会通例上からは身内が介護などの選択を迫られます。入院には同意書が求められます、施設には保証人が必要な場合があります。


そこであなたは特別養護老人ホームを訪れました。しかし、200人待っていると言われ、一応申込みをしましたが、さらに仕事の合間に探さなければいけませんでした。自宅で見たいのはやまやまです。ただ、家族の誰かは家にいなければいけないし、経済的にも支えなければならない。


そうこうしているうちに退院の期限は迫っているし、どうしたらいいのだろうか。そこで病院のケースワーカーに紹介されたのが住宅型有料老人ホームでした・・・・続く。


まあ、といった具合に介護の問題って誰にでも身近な問題になります。しかもこの高齢者福祉という分野は介護保険ができて13年、介護福祉士試験ができて25年、まだまだこれからという分野です。しかし、現実は恐ろしいスピードで高齢化していきます。なぜなら、誰でも平等に歳を取るからです。


今いる政治家のみなさんだって15年後には高齢者です。あなたの両親だって高齢者です。僕らの社会はこの問題に本気で向き合わなければ、社会は崩壊します。「僕には関係ない話だ」と言ってられないのです。だって誰もが関係ないっていいたいですもん。


誰もが介護なんて実は・・・・。まあ、書きませんが福祉の分野は常に人手不足です。次々と人は辞めていくのに、次々と新しい利用者は入居してくる。病院はいつも満員で、責任ある立場の人はストレスで次々とやめていきます。


政治家の人は「海外の労働者を入れればいい」などと悠長なことを言ってたりしますが、日本人の世話を海外の人にってのも変な考えだし、そもそも受け入れ体制がありません。今まで海外の看護師が日本の介護福祉士に受かったのは数人です。


それでも都市部では、海外の労働者を受け入れています。僕がいた埼玉の施設では数人の海外の介護職員が戦力として一緒に働いていました。しかし、地方ではまだまだです。受け入れる余裕もないし、来てくれる人もなかなかいません。


ただ、そうでもしなければ介護の現場で働く絶対数が少ないのです。だから、誰もそんなきつい仕事はしたくないし、事故が起こったりします。グループホームの火災事故は悲惨でしたね。夜勤者2人とか、もちろん法的に人数は決められたりしています。でもそれは最低の人数です。


誰か急病で休めばシフトがまわらない。そんな現場で僕らは働いています。僕はまだいい方でしょうね。もっときつい現場もたくさんあります。福祉の現場で働く仲間と話しますが、「福祉の仕事は二度としたくない」そう聞くことも何度もあります。


さらに、僕が埼玉で働いた時には2年後に20名くらいの半数近くの職員がやめていました。尊敬する先輩方ですら辞めていきました。僕もやめました。いろいろと原因はあるのですが、長くなるので、ここでは書きませんが、これらの問題は非常に社会問題を含んでいるので、もう一つのブログで展開していこうと思っています。ブログはこちら⇒過去問で合格!介護福祉士試験


興味ある方はそちらもよろしくお願いします。話が途中ですみません。興味があればいろいろと書いてみたいと思います。御意見お待ちしております。では、また。





おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
tomoのツイッター


無料!禁ギャンブルセラピーメルマガ版の登録はこちらからです。

メルマガ購読・解除


 



僕は多くの人が東北へ訪れてくれることが復興の手助けになると考えています。
>>そうだ!東北へ行こう!<<



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ありがとうございました!

明日は第25回介護福祉士試験です。

借金残額 829454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


明日は吹雪の中、試験ですww。あんまり勉強できませんでしたが、できるだけ頑張ります。3年間仕事してきた証だと思っているので受かります。では、おやすみなさい。


あ、こんな短文はツイートでよかったかしら。GA青森もお疲れでした。その記事は後日にでも。ともかくやるだけです。では、では。





おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
tomoのツイッター


tomoのお仕事に関するブログはこちらです。
過去問で合格!介護福祉士試験


今一番売れている商品は何だと思います?
答えはこちら→>>楽天ランキング市場<<



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村



ありがとうございました!
ランキングに参加しています
クリックしていただけると
記事を書く励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓ ↓  
人気ブログランキングへ
コメントありがとう!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
絶対してください
56ddc410
livedoor プロフィール
カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード