禁ギャンブルセラピー

はじめまして、ギャンブル依存症のtomoです。ギャンブル依存症で悩んでいる方、一緒に回復の道を歩んでみませんか?あなたもわたしも仲間です。1歩1歩ゆっくり歩いていきましょう!このブログにはギャンブルをやめるヒントが詰まっています!よかったら参考にしてみてくださいね!そして一緒に頑張ってみませんか?よろしく御願いします!

リバウンドの原因と対策

そして、僕は行ってしまった。

借金残額 729454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


前回の記事を覚えていますか?前回の記事はこちら
今月からが正念場。



夜勤の明けにギャンブルしそうになると書いていたら、行ってしまいました。2年ぶりにスロットを打ってしまいました。言い訳もくそもありません。また、1からやり直しです。正直に話せてホッとしています。一回だけ掲示板に噓を書き込みました。すみませんでした。


夜中に書いた「今日も大丈夫です。」という書き込みは噓でした。その日から僕の心の中はぐるぐると何かが回っていました。このままうやむやにはできないし、どうしたらいいかわからない。僕の中で今まで遠ざけていたパチンコ屋に入ってしまったのは、「もうだめだな」という感覚をもたらしました。


介護講習が終わって、僕は彼女に正直に話しました。そして、僕から提案しました。それは「お金の管理」を頼むことでした。彼女は黙って聞いてくれ、僕の提案に即座に応えてくれました。昨日のうちに僕はすべてのお金を彼女に預け、日常品はWAONのプリカで購入することにしました。


ともかく、僕は自分で現金を下ろせる状態が怖かったのです。再び、夜勤明けに行ってしまう可能性は大きかったからです。今回は給料日と夜勤明けという2つの要因が重なり、さらに自分の中でも「行ってみようかなあ」などと考えていた部分があったことが原因だと思っています。


さらに、それを隠すために何とかやり過ごそうと考えていたことに僕は自分が怖くなりました。「このままでは再び噓を重ねていくことになる。」そして、それは自分を追いつめていくことになる。そう思いました。一度噓をついてしまうとさらにどんどん噓を重ねていくことになります。


そして、ギャンブルも一度行ってしまうとなかなか「あの興奮」を忘れることはできず、再び深みにはまっていくのです。そして、僕はそれを肌で感じてしまいました。だから、新しい試みというかもうお金の管理をすることをあきらめました。


しばらくの間、彼女にすべて任せようと思います。もちろん話し合いながらですが、必要なものは現金以外で、あとは必要なことは必要な時にもらい、どれくらいの頻度かで生活分を渡してもらうという方法を2人で話しあって決めました。


その作業を終えた時、正直僕はホッとしました。もう現金を持たなくて済むし、また戦えるし、本当は怖くて仕方なかったのです。再びスリップすることやそれ以上に噓をついていってしまうことに。きっと自我は耐えられないだろうなと感じていました。


それは言いかえれば、死へのエスカレーターを登っていくようなものでした。お金の流れや、生活費のことなど透明にすることもいいことだと思っています。それでも、これから僕にも彼女にもいろんなことがあるでしょう。それでも2人で乗り越えていきたいと思っています。


不器用な2人ですが、支え合いながら生きられるのは僕にとって幸せなことです。余談ですが、前回の記事の後、僕のメールなどから不審に思った彼女は近所のパチンコ屋に僕の姿を探したそうです。それを聞いた時に僕は本当にありがたいと思ったし、心配をかけていたんだなあと思いました。


今の状況の僕にとってギャンブルができる現金は麻薬のようなものです。お金は使い方によっては薬も買えるし、麻薬も買える。今の僕にとっては麻薬を誘因するものです。だから、すべて預けました。その方法が良ければ続けていくし、毒が抜けるまでは彼女にお願いするつもりです。


何だか、犯罪を犯した犯人が捕まって、刑務所で「もう犯罪は無理だな」とあきらめと安堵の境地になった。そんな気分です。


東京五輪が決まりましたね。誰もがあと7年という時間を意識して生きていくだろうと思います。だから、僕は東京五輪が決まった、9月8日を1日目とします。これからどう生きていくかしっかりと考えていきたいと思っています。読んでくださってありがとうございました。


また、忙しい日々が始まります。いろんなことがあるでしょう。すべての人に光と希望がもたらされますように。僕も頑張ります。では、また頑張りましょう。





tomoの趣味のブログはこちらです
>>気になるニュース<<


無料のメルマガはこちらから↓  ↓ ↓ ↓ ↓
>>無料!禁ギャンブルセラピー メルマガ版<<



僕は多くの人が東北へ訪れてくれることが復興の手助けになると考えています。
>>そうだ!東北へ行こう!<<



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ありがとうございました!

誰がために鐘は鳴る。

借金残額 779454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


スリップしました・・・。と正直に書くしかありません。書くまでどうしようか非常に悩みました。掲示板やブログを放置して少しの間考えていました。叔父の葬式が終わるまで、そして、今日無事に葬式が終わったので、きちんと報告させていただきます。叔父がなくなった次の日に僕はギャンブルをしました。


順を追って説明し、きちんとやり直したいと思います。そうでなければきっとずるずるとギャンブルをしてしまうからです。自分でも感じています。自分がやってしまいそうな気配を。だからこそ、きちんと告白し、みっともなくてもまた戦わなければいけないと思いました。


ギャンブルは一瞬でそれまで積み重ねてきた信頼や努力や目標を粉々にします。間違いありません。そして、自分を堕落させるどころか自尊心を根こそぎもっていきます。そこには依存心や依頼心があっと言う間に心に生まれて浸食していきます。


それを防ぐにはもう一度1からやり直すしかありません。その覚悟がないときっと僕は平気で借金をし、人を裏切り、大切な人を失い、きっと自殺するでしょう。そう思います。それを防ぐにはやり直すしかありません。また1日目からカウントし掲示板、ブログを続けていくしか僕には方法がありません。


今の自分には自分が怖くてしかたありません。どうしたらいいのかもわかりません。また、初心に戻って掲示板に参加していこうと思います。信頼を裏切ってしまったことをお詫びいたします。しかし、またやり直すしかないのです。そうするしか道はありません。


もう、孤独は勘弁してください。ギャンブルをすることによって僕の心がリアルから乖離していくのを感じました。まるで、僕は世界に存在しないようでした。また、少しずつ頑張りますので、よろしくお願いします。


さて、どうしてスリップしたのか?、いやどういう経緯でスリップしたのかお話ししたいと思います。6月13日木曜日の朝、僕の叔父は朝、農作業中に倒れ、心筋梗塞のため亡くなりました。僕はあまりの突然のことで何が何だかわからずお悔みに行きました。


その日、僕はいろんなことを感じました。まずは亡くなった身内のことが思い出されました。叔父は65歳でした。前の日まで何事もなかったそうです。人は突然亡くなることもあるのだ。そんなことを思いました。また自分の人生も考えました。


そして、「生きるってなんだろう」と深い虚無感に襲われました。夜中じゅう僕の心の穴は広がっていくばかりで、ブラックホールのようになっていきました。その小さな虚無のブラックホールを何とかして埋めなくては、埋めなくてはと強烈に心が叫びました。


友人や知り合いにコンタクトを取っても僕の心は悲鳴をあげ続けました。そんなときギャンブルをしたくなってしまったのです。この虚無を埋めるには虚しい快楽でもしなければ無理だろうと心は傾いていきました。そのギャンブルは麻雀でした。


雀荘にはここ6年は顔を出してませんでした。でもここ最近スマホで見る動画に麻雀の映画があり、僕の中でやりたい気持ちが芽生えていました。そこへ強烈なストレスが重なり、夜中は我慢したものの、次の日の休み6月14日の金曜日の昼間、僕はスリップしました。


握りしめた3万円を数時間の賭けで失くしてしまいました。叔父の葬式の礼服や香典の費用もあるというのに・・。ギャンブルを終えて、僕は茫然として部屋に帰り、布団の中で嗚咽を漏らして泣きました。またやってしまったという後悔とこれからどうしたらいいのかという絶望でした。


理解ある友人には告白しました。そうしなければまた噓をついて生きていくことになるからです。友人はだまって聞いてくれました。依存症のことも理解している人なので、悲しませたくはありませんでしたが、黙っていることはできませんでした。


掲示板やブログには今日まで書けませんでした。いろんな思いがあって書けませんでした。でも、叔父の葬式も終わり、やはりきちんとやり直すべきだと感じました。なぜなら、依存症が再発していく可能性があったからです。スリップしてから今日までの間、ギャンブルに行きたくなかったかと聞かれたら、行きたかった日もありました。


借金をする兆候も見られました。僕は僕が怖くなりました。2年前の僕に戻ってしまう。そう感じました。だから、もう一度やり直す決意をしました。カウンターを0に戻し、714日で止まったカウントを再びやり直したいと思います。


2年の間、いろんなことを書いてきて、スリップはしないかもしれないと思っていた頃にスリップしてしまいました。そして僕はやはりギャンブルをしてはいけない人間だと感じました。そして残りの人生を生きるにはギャンブルをやめ続けなければいけない!そう思いました。


そして、それは一筋縄ではいかないことだと実感しました。本当ならば1000日、3年で掲示板もブログもやめるつもりでしたが、それらをやめるということはギャンブルをやめるという意識を遠のいてしまうことだと思いました。GA離れるときに大切な人に「ブログでも掲示板でもともかく続けてください。あなたには再発してほしくないのです。」と言われました。


その言葉は僕のことをよく理解している言葉だったと感謝しています。誰か一人でも僕のことを理解して支えてくれる限り、頑張りたいと思います。いろんな方を裏切ってしまう形になってしまい申し訳ありません。どうかこれからも長い目でお付き合いしていただければありがたいです。


きちんとご報告するまで、時間がかかったことをお詫び申し上げます。1つ僕を勇気づけたのは掲示板で卒業間近でスリップしてもきちんと最初からやり直していった仲間の勇気に僕は励まされました。そういった仲間の行動がなければ、僕はとっくに消えていたと思います。ありがとうございます。


気持ち的にはもうだいぶ復活したので、もう自分を責めることなく、前向きにやり直したいと思います。しばらくは生活が苦しいので、また1からやり直しです。あきらめが悪いところが僕のいいとこなんでww。では、またよろしくお願いします。


掲示板の皆様へ
今回713日というカウントでスリップしてしまいました。少なからず、みなさんを動揺させてしまう結果になってしまい申し訳ありません。また一緒に頑張らせてください。よろしくお願いします。タカビー師匠へ すみません、1からやり直します。


読んでくださってありがとうございました。感謝の気持ちしかありません。では、また頑張りましょう。






おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
tomoのツイッター


無料!禁ギャンブルセラピーメルマガ版の登録はこちらからです。

メルマガ購読・解除


 



僕は多くの人が東北へ訪れてくれることが復興の手助けになると考えています。
>>そうだ!東北へ行こう!<<



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ありがとうございました!
ランキングに参加しています
クリックしていただけると
記事を書く励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓ ↓  
人気ブログランキングへ
コメントありがとう!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
絶対してください
56ddc410
livedoor プロフィール
カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード