禁ギャンブルセラピー

はじめまして、ギャンブル依存症のtomoです。ギャンブル依存症で悩んでいる方、一緒に回復の道を歩んでみませんか?あなたもわたしも仲間です。1歩1歩ゆっくり歩いていきましょう!このブログにはギャンブルをやめるヒントが詰まっています!よかったら参考にしてみてくださいね!そして一緒に頑張ってみませんか?よろしく御願いします!

僕がギャンブルをやめなければならない理由

ギャンブル依存症とは?

ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


ギャンブル依存症に関する本は→>>ギャンブル依存症<<


ギャンブルについても
きちんと書いておこうと思います


現在1ヶ月辞めています
ただ、それは単にお金がないだけと言った方がいいでしょう


もちろん、ひどい底つきを
見ましたが


きっとまだまだ自分に甘いでしょう


ギャンブル依存症は病気です
もう一度言います


ギャンブル依存症は病気です
もう一度言います


僕は病気です
別に威張っている訳ではありませんが


理解されにくい病気です
どういう病気か


明日引越しでお金かかるよと知っているのに
有り金を持ってパチ屋に走る人


平気でカードで引越しを
してしまう人


その生活費しかないとわかっていて
そのお金をギャンブルに使う人


すべて僕です
信じられないかもしれませんが


すべてしてきました
他人から見たら


平気そうに暮らしてますが
ハリボテもいいとこです


普通の人は思います
そんな人いないよと


ここにいます
たくさんいます


わかっていてやめられませんでした
知っている街を離れてよかったのかもしれません


どこにいても
ギャンブルに関する傷があります


人にギャンブル依存症なんだ
と真剣に相談しても


辞めたらで終わります
普通の人には


その人がどうしてホームレスに
なったのか理解できません


僕にはわかります
止めることができないからです


僕もまだまだ快復の糸口を探しています
このブログ2年経ってます


それでも、やっと
どうにもならなくなって真剣に向き合おうとしています


AAに出ています
いろんな人がいます


教会にも行こうと思っています
人を幸せにできるなんて思ってません


どれだけの嘘を重ねてきたでしょう
どれだけの隠し事をしてきたでしょう


そういう人間です
それは本当に認めなくてはいけないと思っています


精神的に子供なんです
幼稚です


何とかなると思ってる
ならないって!!


まずは自分の面倒をきちんと見たいと
思います


戦いはこれからです


今日の記事が参考になった
と思われる方は


僕や仲間の励みになりますので
応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが
届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ありがとうございました!

え?パチンコって娯楽なの?

ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!

現在のランキングはこちら>>依存症ランキング<<


はい、書かなくてはいけなくなりましたね
気になる記事が出ていたので


もう休んどけばいいのに〜〜
まあ、忙しいので100日は確実ですのであしからず


さて、その記事というのは


カジノ合法化法案の成立を目指し14日に発足する超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」は
13日、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化して
いく方針も固めた。


カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため、パチンコによる換金も
行政の監視下で合法化させるのが目的だ。


 カジノ法案では、カジノについて、国や地方公共団体が運営を厳格に管理、監督することを定めることで、
刑法が禁じる賭博の「例外」扱いにする。


民主党の案では、地方公共団体の申請を受けた国がカジノエンターテインメント(特定複合観光施設)区域を
指定。地方公共団体は、運営する民間事業者を公募・選定し、警察と協力して違法行為の摘発、監視も行う。


 一方、パチンコは現在、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で「遊技場」と
位置づけられ、獲得賞球は、日用品などに交換することになっている。


しかし、金地金などの特殊景品に交換し、外部の景品交換所で現金化されることが多い。現金化は「事実上の
賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態だ。


 パチンコ業界は客離れの加速とともに、ギャンブル性の高い遊技機の導入が増え、「庶民の娯楽からかけ離
れつつある」との指摘もある。これを踏まえ、議連はパチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な
庶民の娯楽の場」として再生を図りたい考えだ。


産経ネットより引用


なんかきな臭いにおいがぷんぷんするね
利権と金と政治と


まじで
ブラックジョークさんでなくても


パチンコを完全否定したくなるよねえ
そもそもと賭博は違法である


すいません
あんま詳しくないけれど


書いて見ます
じゃあ、日本における法律のもとでの「賭博」とは


何を意味するのか?
「現金化」である


うまく説明できてるかなあ
だから、3点換金などという変なシステムが存在する


いわゆる景品と交換して
それを現金化するという方法である


これは何もパチンコだけでなく
麻雀屋でも同じことが行われる


つまり、直接現金を賭けるのは「賭博」になり捕まるのだが
景品をもらい、それを外で現金化するのは「賭博」にあたらないという


摩訶不思議な論理になっている
これ、ちなみに裁判したらどうなるんだろうね


最高裁でも
「パチンコは遊戯であり、景品をもらうので賭博にあたりません」


となるのかなあ
なるかもなあ


それくらい利権が絡んでいる
だって警察黙認してんじゃん


俺さあ、昔警察官もパチンコするって小さい頃聞いて
それってギャンブルで違法じゃないのって


幼な心に思ったよ
しかしだよ


ギャンブルを嫌う誰もが考えてきた
ギャンブル場をなくすというのは


政治、利権、金が巧妙に絡まって
きっと不可能です


きっとこの世からギャンブル場はなくなりません
さて、記事をもう一度読んでほしい


記事の中ではあくまで
「娯楽」と位置づけられている


「娯楽」だあ???
借金を苦に自殺者がでる娯楽がどこにあるんじゃい?


家族や小さい子供を亡くす事件があとを
絶たないのに娯楽とはどういうことだあ


それが天下の産経新聞の書く記事かねえ
きっとどっかから圧力がかかるんだろうね


僕は他人のブログはあまり紹介したことありませんが
ギャンブル完全否定によって


ギャンブルを脱却したいのなら
ぜひこちらを→Black joke”自分への挑戦”


ぜひ、ブラックジョークさんの
洗脳トレーニングを受けてくださいね



記事的には
続きがあるのですが


それは明日以降
禁ギャンブルセラピー第3章にて


乞うご期待!!


今日の記事が参考になった
と思われる方は


僕や仲間の励みになりますので
応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが
届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村


今日もありがとうございました!!
ランキングに参加しています
クリックしていただけると
記事を書く励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓ ↓  
人気ブログランキングへ
コメントありがとう!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
絶対してください
56ddc410
livedoor プロフィール
カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード