禁ギャンブルセラピー

はじめまして、ギャンブル依存症のtomoです。ギャンブル依存症で悩んでいる方、一緒に回復の道を歩んでみませんか?あなたもわたしも仲間です。1歩1歩ゆっくり歩いていきましょう!このブログにはギャンブルをやめるヒントが詰まっています!よかったら参考にしてみてくださいね!そして一緒に頑張ってみませんか?よろしく御願いします!

自分自身の棚卸し作業

2011 6/29  タカビーさんへのメール

借金残額 869454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


こんつは(・∀・)つ
人は痛みを忘れていくものです。


僕自身も痛みを忘れないように意識していますが、
物事が順調であれば、あるほど痛みを忘れやすいものです。
先日、タカビーさんにブログを紹介してもらい、嬉し泣きをしました。


タカビーさんと知り合ってから、もう4年になりますね。
何となく去年のメールを探していました。


僕がスリップした時に、タカビーさんに送ったメールです。
もちろん、誰にも公開していませんが、自分の痛みを忘れないために記事に残しておきたいと思いました。


2011年、6月29日に僕がタカビーさんに送ったメールの全文です。


〜〜メールから引用〜〜

タカビーさん

いろいろ心配ありがとうございます

僕はスベってしまいました

家族に話して実家に
帰ろうかと思ってます

僕にお金を持つ資格は
ありません

後始末もできません

いろいろありがとうございます

今はパニックを起こしています

でも確信犯なんです

きちんと説明して
やり直すつもりです

今はそう思ってます
ご心配かけて申し訳ありません


tomo


〜〜引用終わり〜〜


このメールをいつも相談していた方に送る気持ちを考えると今でも胸が詰まります。
去年は本当に辛かったです。


自分が良いと思った方向がすべて良からぬ方へ進んだ気がしています。
そんな時期もあるのでしょう。


いわゆる膿がすべて出たような気もしています。
それから1年。


何とか這いつくばってきました。
僕はこのメールを送った時の気持ちをいまだに忘れていません。


このメールの続きは機会と承諾があれば、また誰かの参考になるのであれば
公開できる範囲で公開してみたいと思います。


僕自身が痛みを忘れないようにするために。
あなたが何かを感じ取れますように。


よい週末を!


おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう



追伸 
あなたのメールにブログの更新記事が届きます!!
よかったらメルマガ登録してください!!携帯からも無料で登録できます
↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【無料】禁ギャンブルセラピーメルマガ版


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
フォローしてくださいね→tomoのツイッター


今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ありがとうございました!

闇の話

借金残額 909454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症





闘牌伝説アカギ のアニメを
スマホで見ていたら


ず〜と見てしまうはめになったww
で、少し思った本質について話そうと思う


まあ、アカギの話は
アニメでも見てくださいww


さて、僕は若い頃(今も若いですがww)
心の空虚さを埋めるためにギャンブルや


自分の命を、人生を軽く見ていたことがある
何をやっても、どうやっても埋まらない心の穴を


埋めるために
ひたすら金を使い、その日暮らしをしていた


その心の何かの穴を埋めるために
勝とうが負けようがギャンブルをしていた


まるで、自分の存在価値が
そこにしかないように


「心の空虚さを埋める」
これが依存症の闇の本質のような気がする


ギャンブルでなくても
摂食障害だろうが、リスカだろうが、恋愛依存だろうが


心の穴を埋めるために陥ってしまう
それは絶対に代わりのものでは埋まらないために


依存症は進行してしまう
もっと埋めなきゃ、もっと埋めなくては


愛されない・・・・。
言っちゃった・・・・・。


きっとそんな思いが僕にはあった
心の叫びの代わりにギャンブルをしていた


本当は寂しくてしかたなかった
閉店が来て、換金して


帰り道にあまりに孤独で
吐いたことがある


誰にも見られずに
それこそが依存症の闇であると僕は思う


その闇は誰でも持っているのか
僕だけのものなのかわからないが


しばらくは落ち着いている
それは人間関係の回復に他ならない


あとは社会性の回復、自尊心の回復とかかな
あとは少しは大人になったかなあ


20代の頃、僕は違う世界を見ていた
荒涼とした世界


灰色の世界。
今は・・・・・・


幸運なことに
色のついた世界にいる


ありがとう
今日の記事は個人的意見です あしからず


おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう



追伸 
あなたのメールにブログの更新記事が届きます!!
よかったらメルマガ登録してください!!携帯からも無料で登録できます
↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【無料】禁ギャンブルセラピーメルマガ版


今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ありがとうございました!
ブログ内記事検索
56ddc410
カテゴリー