禁ギャンブルセラピー

はじめまして、ギャンブル依存症のtomoです。ギャンブル依存症で悩んでいる方、一緒に回復の道を歩んでみませんか?あなたもわたしも仲間です。1歩1歩ゆっくり歩いていきましょう!このブログにはギャンブルをやめるヒントが詰まっています!よかったら参考にしてみてくださいね!そして一緒に頑張ってみませんか?よろしく御願いします!

禁ギャンブルセラピー2012

絶対にギャンブルをやめられる具体的方法 STEP2

借金残額 839454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


こんばんは、STEP1は理解し、実践していただけたでしょうか?きっと難しかったでしょうし、実践なさってないかもしれません。それでも、ギャンブルに対して何かしら思うところはあったのではないでしょうか?


禁ギャンブルを甘く考えていたかもしれませんし、「何で家族に言わなきゃならないの?」と憤慨されたかもしれません。でも、本当にそこから始まるのです。STEP1を実践した方は自分の中で何かが壊れ、新しい気持ちが生まれたのではないでしょうか?それが大切なのです。


一人で抱えてギャンブルをやめられるほど、簡単な話ではありません。そんなに簡単であれば依存症ではないかもしれませんね。「やっぱりやめられない」と思ったら、何度でもSTEP1に戻ってきて勇気と覚悟をもって誰かに相談してみてくださいね。


では、STEP2です。これはSTEP1をクリアーしたことが前提となります。なのでSTEP1を実践できてない人には難しいと思います。必ずSTEP1、STEP2と進んでください。それではSTEP2です。



STEP2「自分の持っている銀行のカード通帳、印鑑、クレジットカード、サラ金のカード、現金を下ろすことのできるものをすべて信頼できる家族に預け、「ギャンブルをやめたいので、金銭管理に協力してほしい」と頼んでください。そして、日々のお金は使う分だけ家族からもらうようにし、毎日レシートなどで収支報告をしてください。」


つまり、金銭管理を家族に頼むということです。これには家族の協力がどうしても必要になります。だからSTEP1が必要なのです。もしも、どうしてもということであれば、「僕はお金を使いすぎてしまうから、金銭管理をお願いしたいです。」というような形で頼んでもいいでしょう。


ともかく、自分で自由になるお金をなくすことです。そもそも自分で自由になるお金を持っていれば、誰でもスリップの危険性は高くなります。奥さんがいる方であれば、うまく説明して協力してもらいましょう。


ギャンブルは麻薬です。麻薬を断つにはできないようにするしかありません。ギャンブルをできないようにするためにはお金を持たないことしかありません。


ギャンブルをやめている人に共通しているのは、極力お金を持たないように工夫していることです。もちろん日々の買い物などあるでしょう。昼食も買うかもしれません。でもそれって1000円以下で済みますよね。そもそも借金がある人が1日1000円以上も使ったらだめでしょう。


ギャンブル依存症の人に共通しているのは金銭管理ができないことです。そもそもお金を何に使ったかさえ分かってないのです。それでは生活に困るのは目に見えています。僕もこの部分に関してはまだまだ修行中です。家計簿は必須です。


それも、毎日何にお金を使ったのか、レシートなどで記録してもいいですし、金銭管理を頼んでいる人に報告する方法も効果的だと思います。


さて、ここまで書いてきて必ずある質問が「無理です。だって買い物に3千円は使うわ」とか「支払いにお金を持ち歩くこともあります。」とか「財布に1000円だなんてみっともない」とか言う人がいます。


結論からいいます。そういう人は絶対にギャンブルをやめれません。ギャンブルをやめるということは金銭感覚を取り戻すことであり、金銭管理ができないからギャンブルをしてしまっていることが多いからです。買い物や支払いにお金が要るなら、その旨を管理者に伝えて、きちんと収支の報告をすればよいことです。


別に難しいことではないと思います。特に家族、奥さんなどいらっしゃる場合は協力してもらえばいい話ですから。STEP1が難しかったとしても「お金貯めたいんだけど、僕じゃお金使ってしまうから君に預けて、日々お小遣いとしてもらうよ」とかでも十分だと思いますけどね。


大事なことは極力お金を持ち歩くことは避け、お金の管理は誰かにしてもらうということです。なぜなら、お金がなければ、ギャンブルをできないからです。500円でスロットはできないですよね?


こう書くと次にこういう人がいます。「私は独り者です。どうしたらいいですか?」僕も独身です。ギャンブルをやめた当初は毎月生活することで精いっぱいでした。だから必死で金銭管理をしたと思います。家計を握っていましたので、ギャンブルすると灯油も買えない、ごはんも食べれない、そんな状態でしたから。


独身の方は家族に頼んでみるか、信頼できる人にお願いしましょう。必ず最初のうちは誰かに頼むことが大切です。そしてギャンブルをしない生活に慣れ、3か月くらい経ってから少しずつ自分で金銭管理をしていきましょう。最終的にはきちんと自分で金銭管理できるようになることが大切です。


以上がSTEP2です。ご意見、ご感想をお待ちしております。STEP3は12月22日(土)17時に投稿されますのでお楽しみに。僕の財布の中身ですか?732円です。ではまた。





おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
tomoのツイッター


tomoのお仕事に関するブログはこちらです。
過去問で合格!介護福祉士試験



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


青森の頑張っている企業さんです。震災復興に頑張っています!
良かったら応援してくださいね。本当の海の味をご家庭にどうぞ!
>>詳しくはこちらへ<<


ありがとうございました!

絶対にギャンブルをやめられる具体的方法 STEP1

借金残額 839454円 この事実を忘れないように!!


ご訪問ありがとうございます!!
よろしければ応援していただけたらありがたいです!!


記事を読む前にこちらを
応援クリックお願いします!→にほんブログ村 ギャンブル依存症


スイカさん、ナグモさん、ごましおさん、ご参加ありがとうございます。まずはこの企画に参加され、決意のコメントをいただいただけでもとてもうれしいです。コメント書くって本当に勇気のいることですから。


ギャンブル依存症は必ず克服できます。ただ、それには覚悟と勇気が必要です。それが意味するところは後で説明しますが、ギャンブルをやめたいという気持ちとあきらめない気持ちが大切です。


今回3名の参加者がありました。僕にとっても嬉しいことであり、これからのブログなどの方向性も見えてくるかもしれません。ギャンブル依存症は本当にやめたいという意思がなければ、やめるには本当に難しいです。


僕がこれから説明する具体的方法も実行するのは非常に覚悟と勇気が必要です。そのため僕の予想では実行する人はなかなかいないと思っています。ただ、ギャンブルをやめるにはやるしかありません。


少しだけ前置きをしたいと思います。スイカさん、ナグモさん、ごましおさん、3人とも大切なご家族を持っていらっしゃるとのことで、今回のプログラムでぜひやめていただきたいです。なぜなら、子どもが不幸になるからです。それは子供の責任ではありません。親の責任ですね。



残念ながら、僕は結婚もしていないし、子供いませんので、気持ちを察することができないかもしれませんが、せっかく3人集まったので、いろいろと意見交換し励ましあいながらやめていってはどうでしょうか?GAのハンドブックでも最初の90日間が大変だと書いてあります。



残念ながら、ギャンブル依存症者には1か月、いや1週間ですらきついのです。1つ、プログラムに入る前に3人にとても有効な心理的ブレーキがあります。それは「大切な家族の笑顔を失いたいですか?」ということです。3人が既婚者であり、子供さんもいらっしゃるということは非常にギャンブルをやめやすいと僕は思っています。


だって、究極の選択は「ギャンブルをやめますか?家族を失いますか?」ですから。もう1つ前置きをしておきますが、3人がこれから説明をすることを実行しようがしまいが、ギャンブルをやめようがやめまいが、僕にはほとんど関係ないです。


そもそも、ギャンブル依存症とは自覚し、自己責任の部分が大きいですから。その部分は理解してください。ただ90日はフルサポートします。どんな相談でもメールください。そして、ギャンブルをやめてみてください。きっと新しい人生が開けてきます。


僕はギャンブル依存症に関して、相談にのったり、アドバイスしたりすることは避けてきました。自分が大変でしたから。じゃあ、なぜ今回はこんな企画を計画したのかというと、まあやってみたかったからです。僕も少しずつ落ち着いてきたので、誰かのお役に立てれば素直に嬉しいなあと思っています。



では、本題に入りましょう。「絶対にギャンブルをやめられる具体的方法 STEP1」です。STEP1が一番厳しいし難しいと思います。でも、STEP1なしにSTEP2、STEP3には進めません。スイカさん、ナグモさん、ごましおさん、覚悟はいいですか?今、真剣にこの文章を読んでいるのが伝わってきます。その思いをお忘れなく!!


STEP1
「自分の一番大切な人、信頼している人、裏切りたくない人1人に自分はギャンブル依存症で苦しんでいます。これから回復していくように頑張るからサポートしてほしい。」と告白してください。



説明します。まずは自分だけでギャンブル依存症に立ち向かおうとしないでください。誰かの協力が不可欠です。3人とも今まで自分でやめようとしてきてだめだったんですよね?やり方を変えてください。そして覚悟を決めてください。


ギャンブル依存症を克服するには自分がギャンブル依存症だと認めることが最も大切です。3人とも自分ではわかっているようですが、どうしたらいいかわからない。それじゃあ一番信頼できる人に相談してみましょう。3人とも結婚なさっていると思いますので、奥さんが一番いいと思います。奥さんが無理ならご両親に告白してみてください。


一番裏切りたくない人に告白するという行為は非常に難しいと思います。けれど、これなしには次に進めません。いつまでいいかっこしたいですか?いつまで借金背負っていて奥さん、身内にだまっているつもりですか?これからも騙しつつ、借金を増やすのでしょうか?もうやめませんか?変わりませんか?そのままでは家族を不幸にしますよ。


STEP1はこれだけです。かつ最も厳しいことです。身内にギャンブル依存症であり、借金もあり、どうしようもなくなっていると告白するのは、想像を絶するキツさです。誰もが躊躇すると言ったのはそういう訳です。きっと100人に話しても5人してくれるかどうかです。


スイカさん、ナグモさん、ごましおさん、その5%になってみませんか?残りの人生をギャンブルなしで生きてみませんか?ギャンブルをやめることは家族を救うことです。その意味を一緒に考えてみませんか?大丈夫です。STEP3まで終わることができれば、必ずやめられます。


ギャンブル依存症を克服していく人に共通していることがあります。それは心を開いて人の意見に素直に従うということです。僕はひねくれていたので、4年もかかってしまいました。3人にはそうなってほしくありません。どうか素直になってください。今のままでいいと思っている方は1人もいないはずです。


STEP1は説明しました。やるかやらないかは3人次第です。「なぜ、そんなことしなければいけないの?」疑問もあるでしょう。「馬鹿にしている!!」そう思ったかもしれません。「家庭を壊す気か?」そう思ったかもしれません。スイカさん、ナグモさん、ごましおさん、このSTEPは強制でも何でもありません。やるかやらないかは自分次第です。


3人が実行しても、しなくてもSTEP2は12月18日(火)の17時に投稿されます。疑問や相談などなんでもメールにて受け付けます。こちらまでメールくださいね。お待ちしております。感想もよろしければくださいねtomonyanuoza★livedoor.com(★を@に変えてメールくださいね)


最後にもう一度お聞きします。スイカさん、ナグモさん、ごましおさん、「ギャンブルやめたいですか?家族を路頭に迷わせたいですか?」選択は1つですね。


追伸
かなり、気合いをいれて書きました。思いが伝わってくれたら嬉しいです。ではまた。






おすすめの本 ↓  ↓ ↓ ↓ ↓
精神科医 帚木蓬生さんが書いた本 「ギャンブル依存とたたかう


自動でブログ記事の更新を知ることができるTwitterはこちらです
tomoのツイッター


tomoのお仕事に関するブログはこちらです。
過去問で合格!介護福祉士試験



今日の記事が参考になったと思われる方は
僕や仲間の励みになりますので応援クリックをポチッとお願いします!!


応援クリックしていただけたら
ギャンブル依存症の仲間へメッセージが届く仕組みになっています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


青森の頑張っている企業さんです。震災復興に頑張っています!
良かったら応援してくださいね。本当の海の味をご家庭にどうぞ!
>>詳しくはこちらへ<<


ありがとうございました!
ブログ内記事検索
56ddc410
カテゴリー